畑と水田の暗渠

※水田の暗渠は別ページにございます


畑の暗渠排水効果について

 主に北海道において畑に暗渠排水を取り入れることは常識となっていますが、それ以外の地域ではまだまだ周知されていないのが現状で当社には秋から春にかけてほぼ毎日問い合わせがありますが、「畑に暗渠を入れたい!」という連絡はまずありません。(役所から効果や資料、説明を求められた事はありますが)

 

 それでは、どの様なメリットがあるのか簡単に説明します。詳しくは、こちらをダウンロードして下さい。

ダウンロード
暗渠排水をした水田・畑としなかった場合の比較
水田では、暗渠排水は当たり前ですが、畑ではまだまだ暗渠資材の必要性を認識していない方が多いです。本ページでは、図や資料などを使い畑でも暗渠の重要性をわかりやすく解説しています。
北海道農政部 暗渠排水の効果(水田・畑).pdf
PDFファイル 2.8 MB

畑の整備が一般的になっている北海道の平成22年(2010年)整備・未整備の比較調査レポートがあります。

 

調査自体は何年かしているのですが、2010年を選びました。

この年は気象庁データによると

平年値より気温+0.8℃、降水量117%、日照時間92%という高温・多雨・日照不足という最悪な条件でした

平均気温 降水量 日照時間 降雪量 平均気温 降水量 日照時間 降雪量
平年差(℃) 平年比(%) 平年比(%) 平年比(%) 階級 階級 階級 階級
1946 -0.3 97 105 /// -1 0 1 ///
1993 -0.4 101 92 93 -1 0 -2 0
2009 0.4 108 96 76 1 1 -1 -2
2010 0.8 117 92 92 2 2 -2 -1
2011 0.3 107 100 83 0 1 0 -1
2012 0.2 107 99 99 0 1 0 0
2013 0.3 115 96 96 0 2 -1 0
2014 0.3 109 110 89 0 1 2 -1
2015 1.1 102 104 72 2 0 1 -2
2016 0.6 114 103 64 1 1 1 -2
2017 0.2 103 102 69 0 0 1 -2
2018 /// /// /// /// /// /// /// ///
※ 階級の説明  -2:かなり低い(少ない) -1:低い(少ない) 0:平年並 1:高い(多い) 2:かなり高い(多い)
 
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/cgi-bin/view/hist.php?reg_no=2&year=2010&month=0&kind=0  

 

その2010年(平成22年)においての効果としては

図にある通り(PDFはこちら)

・畑地帯の小麦 +11%

・馬鈴薯             +  8%

・大豆                 +22%

と、約10~20%もの収量増となっています。

 

天候条件がまずまずだったH21年との比較においては、

H22年は収量減となっていますが、未整備と比べ影響は少なくなっている事が右の図からわかると思います。

 

一般には天候不順で野菜がーー。。と言われますが、

水はけを改善する事でその影響はかなり少なくなると見ています。

 

水に強い、寒さに強い、日照不足に強いタネは必要かと思いますが、まずはその圃場土壌に合った適切な農地整備(暗渠)が一番大事だと思います。

北海道農政部 "基盤整備の有効性に関する調査報告 平成23年2月",http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/nkk/